今また新しい物語を考え、忙しいながらも書いている最中ですが、
どうしても納得がいかないある事情により、
その物語が完成し載せてからは、
政治や世の中そのものに対しての批判や、
集団ストーカーの被害を載せる等、
憂さ晴らしをするだけのページにします。物語を書く事はやめず、
誰も訳を訊かないでしょうが、
どうか今迄ご覧になって下さった方々にあっても、ご了承下さい。

という事で、今回はゆっくりと書いている物語、
幻想世界二話目を更新して後、
ここへ上記の続きを書く事にします。



2012年11月9日に、
どうしても納得がいかないある事情により、
次の物語が完成し載せてからは、
政治や世の中そのものに対しての批判や、
私を取り巻く不幸からの被害を載せる等、
憂さ晴らしをするだけのページにします。と書きましたが、
これはその続きです。

2013年2月14日、
まず言っておきたいのは、
事実三十三年の九割五分を不幸に過ごしてきた私であるのに…、
今更何かを期待している訳ではなく、
後で何かあった場合に説明不足を非難されるのを考慮し、
それだけの為にこれを載せるという事です。
まさか未だ一切反省していない私を取り巻く不幸達が、補償や、
今迄の苦しみと屈辱を拭い去るような幸運も与えないでしょうし、
つまりこれは最後の挨拶と思って下さい。

理由としましては当然、
28歳から約5年間も続けてきたこの物語制作が主なページに、
何故かここ数年は被害者の方以外から
一通の反響も無いという事で、手前味噌ではありますが、
一切自分を偽る必要も無く、
真面目にしかも心から楽しんで書く事を第一とし、
その中でも自分に五割相手に五割の調整をしながら取り組み、
売れるまでは月給十二万円でもこれで食べて行きたいものを…
まったく認められないからで、次を最後にすると決めた次第です。
(2015年12月31日現在、
世の中が無視を続けたせいでローンがありますので、
上記の月給では書けません。)

この事は被害者としてのページにも載っていますが、
誤魔化される事もあるので、ここにも載せておきます。

よって、私と一言も話さないにも関わらず、
また友人でもないのに私を理解した振りをして…嘲る者は、
今後私に近寄らない事を、真心から勧め、
またこの発言が、何一つ恥ずかしくないという根拠としましては、
私以下の実力しかない者の作品が多く出回っているからであり、
それに加えこの世には、
感情を操作するという技術さえあるからで、
これからも何に恥じる事もなく、善悪にこだわる事も無く、
自分の為だけに生きる事をここに誓います。
ただそれでも、憐れな人を見て見ぬ振りをしたり、
好きでもないものを好きと言ってみたり、
良くもない物を良いと言ってみたりでは当然、私の生き様に反し、
取り巻く不幸達を喜ばせるだけですので、それはしませんが、
特にこれは、社会的弱者に集団で嫌がらせする事に
…人生を捧げ…、
私のような人間から蔑まれる事を恥ともせず、
その自分の決断で被害者に逆恨みするしかない愚か者小人どもは、
良く覚えておくように。

最後に、
物語制作は好きなので止められませんが、
戦争捕虜より悲惨な目に遭っているにもかかわらず、
国や自治体からさえ何の補償も受けられず、
世間には甘えだと嘲笑・愚弄されるばかりの人々が救われない…
という理由で、この国には正義が無いとし、
また今迄は違う理由で載せていましたが、
盗作されれば絶対に訴えなければならない立場ですので、
超能力者が子供達の好きそうな数々のミステリーに挑み、
本気で笑いを取りに行く物語や、
ファンタジーRPGの中で冒険活劇、
または国盗り物語…というものを盗まれない為、
幻想世界だけは、二話目、
もしかすれば三話目までは載せます。上を載せてからは、
私を取り巻く不幸達を題材にした惨い話を、
一つだけ載せる予定ですが、
もしも今迄読んで下さった方々がいれば、本当にありがたく、
感謝の念に堪えません。
この文から今までの社会風刺から、長々と失礼しました。



補足・載せない事で盗作されたら、載せ、
訴える方向で考えます。幸いにも今迄はありませんが、
それはパソコンのデータを見てもらえば分る事で、
状況証拠ではありますが、
それでパソコンの盗み見が証明されるかも知れません。